[お客様voice]株式会社アローズ様

【測量関連】エアロボマーカー

進捗空撮に加え、ワンオペ土量測量をスタート

株式会社アローズ 代表取締役 佐川和矢様にお答えいただきました。

■御校、ご担当者様に関して

Q1:業種を教えてください。

建設資材の販売業(主にトンネル工事に関する資機材及び橋梁工事関する資機材)、空撮業務の請負、防犯カメラの提案・設置業務

Q2:御社の会社概要やビジョンを教えてください。

建設資材の販売業と空撮業務の請負を主軸に営業活動を実施させて頂いております。常に変化するお客様のニーズを見極め、弊社先行の提案とニーズの追求・追従に注力して日々活動しています。 日々変化する建設業の中で、一般商社が手を出せないニッチな商品を取り扱う事により、差別化を図っています。

Q3:ご担当者様のご業務の内容を教えてください。

代表取締役 兼 営業 兼 現場業務を担当

Q4:課題を教えてください。

人材的負担

Q5:エアロセンス以外で、最近注目、導入検討している製品や技術などがあれば教えてください。

  • サーモカメラをドローンに搭載し、高所や人為的に近づけない箇所でのコンクリートの劣化判断。

  • GPSが捕捉できない屋内や鋼材が多くある箇所等々で安全に飛行させる技術。(操縦者から50mほど離れた箇所で飛行をさせたい。

  • ドローン測量を実施した際に、画像処理から図面起こし(土量・面積計測等々まで)が一つのソフトでできる製品を模索中。

Q6:御社、もしくはご担当者様の将来的な目標を教えてください。

建設業における、ドローン活用の場を増やして行きたいです。

Q7:今後効率化・ロボット化したいお仕事があれば教えてください。

建設業務の中で、危険作業や作業員の肉体的負担になる 作業については、ロボット化 (機械化)を推進して行きたい。

P8270264.png


■エアロセンスに関して

Q8:どのようにしてエアロセンスを知りましたか?

展示会

Q9:検討から、導入までの期間を教えてください。

1ヶ月程度

Q10:製品の使いやすさを教えてください。

良い! エアロボマーカーを導入させて頂きましたが、簡便で現場向きであると感じております。

Q11:製品に対する満足度を教えてください。

普通 クラウドの使用について。3Dで表示した時に、表示している3Dデータのみを印刷(PDF化)したい。現在はキャプチャーで画像保存していますが、画質が劣化します。

Q12:課題解消度について、教えてください。

貢献した!

Q13:製品のオススメ度について、教えてください。

オススメ!

Q14:ズバリ!エアロセンスの総合評価を教えてください。

70点 クラウドの利用形態の選択肢がより増えれば、より利用し易くなると思います。


エアロセンスからの御礼

佐川様、エアロボマーカーをご愛顧いただき、ありがとうございます。エアロボマーカー導入により、これまで、月に一回の進捗空撮がメインであった御社において、土木現場での土量計算という新しいサービスラインができるようなったとのこと。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ダウンロード.png

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
営業担当 新井野翔子

関連記事