[技術ゼミ]AEROBO測量2.0とは何か?

AEROBO測量2.0とは何か?

ドローン測量に必要な、対空標識、ドローン、データ処理クラウドが全て揃ったトータルソリューションです。これまで時間がかかっていた、現場作業やモデル作成の工数を大幅に削減した、ドローン測量ソリューションを即日導入頂けます。全ての製品を、エアロセンスが開発、設計、製造しています。

●AEROBO(エアロボ)測量2.0 パッケージ内容

1:AEROBOマーカー

日本初、GNSSロガーを搭載した高精度計測のドローン用対空標識。GNSS測位では最も精度の高い計測手法であるスタティック測位を採用し、置くだけで標識の位置を約1cmの精度で計測します。

2:AEROBO

最高精度の計測・解析を可能にするドローン。測量や点検用に特化し、高性能カメラを搭載。APS-Cサイズのイメージセンサは高感度で、高速でシャッターを切ってもきれいな画質を誇ります。また、メカニカルシャッター機構を備え、画像の歪みを抑えます。移動しながらの正確な撮影に最適です。独自のフライトプランにそった自動離発着、自動飛行を実現。カメラの画角、撮影インターバルなどに合わせて、測量条件を満たすフライトプラン(高度、速度、経路)などを自動で設定できます。赤外線センサやスペクトルカメラなど、用途に応じた様々な拡張が可能です。

3:AEROBOクラウド

ドローンで空撮した画像から、測量に使う高精度3次元モデルやオルソ画像を自動で作成するクラウドサービスです。業界最速レベルのデータ処理、セキュリティの高いネットワーク管理を実現。AEROBOマーカーとも連携し、マーカーで計測したデータから、高精度位置を自動測位する機能とともに、画像中からAEROBOマーカーを自動検出し、画像中の位置抽出機能も提供しています。これにより画像と実際の緯度経度を一致させた精度の高い3Dモデルを求めることができます。

●AEROBO測量2.0 導入効果

エアロボ測量2.0は、標定点測量から空撮、データ処理までを自動で行うため、これまで多くの労力がかかっていた座標計測、画像処理やデータ作成の業務が、正確かつ大幅に効率化できます。また3次元測量によって、その後の設計・施工・検査も3Dデータを活用し、効率かつ安全に実施することができます。

大幅な省人化-4.png


● ソリューションページ:AEROBO(エアロボ) 測量2.0
● 事例紹介ページ:測量関連

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
エアロセンス新人 E&K

関連記事