[プレスリリース]提供フォーマット拡充「エアロボクラウド」-RINEX形式、LAS/LAZ形式-

[プレスリリース]提供フォーマット拡充「エアロボクラウド」-RINEX形式、LAS/LAZ形式-

 エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:佐部浩太郎、以下エアロセンス)が開発・提供している「エアロボクラウド」は、「エアロボマーカー」のGNSS受信ログをRINEX形式でも提供します。また画像解析により生成される3次元点群をLAS/LAZ形式でも提供します。

  • 「エアロボマーカー」の受信ログをRINEX形式で提供
  • 「エアロボクラウド」で多種形式の3次元データを提供

 今までは「エアロボマーカー」のGNSS受信ログは独自フォーマットのためエンドユーザーが活用できませんでしたが、本機能追加により、お客様の解析ソフトウェアでも受信ログを利用可能になります。また、「エアロボマーカー」を年に一度の測量機器検定に提出する場合に必要なRINEX形式のGNSS受信ログをお客様自身で取得し、検定の手続きを進めていただくことが可能になります。さらに、3次元点群を多くのCADソフトウェアがサポートしているLAS/LAZ形式で提供することで、データ生成後の利用範囲が広がります。

「エアロボマーカー」GNSS受信ログをRINEX形式で提供開始

RINEX形式.png

 エアロボマーカーで観測したGNSS受信ログをエアロボクラウドにアップロード、測位計算を行うと、従来提供している位置座標や基準点測量帳票に加えてRINEX形式でのGNSS受信ログを利用できます。これによりお客様がお持ちの解析ソフトウェアでの解析が可能になるだけでなく、機器の検定で必要なRINEX形式の受信ログをお客様自身で取得し、手続きを進めていただくことが可能になります。

※RINEX形式の受信ログを利用するためには測位または基準点測量計算を実行する必要があります。

「エアロボクラウド」で多種形式の3次元データを提供

LAS_LAZ形式.png

 エアロボクラウドでの画像解析の結果出力される3次元点群データに、従来提供しているフォーマットに加えLAS/LAZ形式の3次元点群データが利用可能になります。これによりLAS/LAZ形式のデータをサポートしているCADが利用可能になり、お客様のデータ活用範囲が広がります。

AEROBO marker(エアロボマーカー)製品ページ
AEROBO CLOUD(エアロボクラウド)製品ページ

プレスリリースPDF.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
取締役COO 嶋田悟

関連記事