[プレスリリース]エアロセンスの新経営体制について- 佐部 浩太郎が代表取締役 社長に就任 -

[プレスリリース]エアロセンスの新経営体制について
- 佐部 浩太郎が代表取締役 社長に就任 -


エアロセンス株式会社(以下エアロセンス)は、現 取締役 CTO の佐部 浩太郎(さべ こうたろう)が2019年10月1日付で代表取締役 社長に就任することを決定しました。
上記人事および新役員人事は本日開催された臨時株主総会および取締役会で決議され、2019年10月1日より新経営体制で事業に取り組んでまいります。

佐部 浩太郎のコメント

エアロセンスは「ドローンの技術で変革をもたらし、社会に貢献する」をミッションに、ドローンとICTを結び付けて様々な実世界の作業が自動化されていく未来を創造します。創業以来取り組んできた測量ソリューションでは、自ら現場で実践することで圧倒的な量で高精度の作業を実現しつつ、シンプルで使いやすい製品を提供できるようになりました。今後より多くのお客様に採用いただけるようにビジネス体制を強化するとともに、これまでの経験と技術の蓄積を活かして、監視、点検、輸送などの分野へ継続してユニークなソリューションを提供し続けられるよう全力で経営に取り組んでまいります。

エアロセンス株式会社 役員人事

[役員異動]

  • 代表取締役 社長   佐部 浩太郎
  • 取締役        嶋田 悟
  • 取締役(非常勤)   小田島 伸至
  • 取締役(非常勤)   市橋 徹 (新任)

[退任]

  • 代表取締役 谷口 恵恒 … 株式会社ZMP 代表取締役社長

佐部は1996年にソニー株式会社に入社し、初代AIBOの商品開発や顔画像認識を始めとするインテリジェント技術のAV/IT商品群への展開などに取り組んできました。「空飛ぶロボットプロジェクト(ドローン)」を経てエアロセンス発足と同時にCTOとして参画しました。

プレスリリースPDF.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
メディア担当

関連記事