[プレスリリース]産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」と「エアロボマーカー」が基準点測量に対応可能となりました


産業用ドローン向けクラウドサービス
「エアロボクラウド」と 「エアロボマーカー」が
基準点測量に対応可能となりました


エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、この度、産業用ドローンのためのクラウドサービス「エアロボクラウド」およびGNSS測位機能付き対空標識「エアロボマーカー」を基準点測量に対応しました。

エアロボマーカーで観測したGNSSログデータをエアロボクラウドへアップロードするだけで、基準点測量に必要な一連の三次元網平均計算が自動で実行されます(自動化手法について、特許出願済み)。この結果、多くの工数を要していた基準点測量の工程の大幅な効率化が期待されます。

エアロボクラウドとは、ドローンでの測量や点検といった業務をサポートするためのクラウドサービスで、大量の撮影データやフライトの管理、点群や3Dメッシュを作成する写真測量処理など一連のワークフローをブラウザだけで簡単に実現できます。
エアロボクラウド: https://aerobocloud.com

エアロボマーカーとは、弊社が開発したドローン測量専用の対空標識です。i-Construction基準に沿った測量精度を出すためには、マーカーの位置情報を測量機器で計測し、空撮画像より生成した3Dモデルとの対応処理を行う必要があります。エアロセンスは、GPS 測位機能を搭載したエアロボマーカーを開発し、そのマーカー位置情報と 3D モデルとの対応処理を自動化させ、i-Construction 基準に沿ったドローン測量をより簡便にできるようにしました。NETIS(新技術情報提供システム)登録技術。

基準点測量に対応

起工測量や出来形測量において、現場内に基準点を設置し、基準点測量を実施することが公共測量作業規定の準則で定められていますが、現場内で測量機器を持ち運ぶことはもちろん、測量後も観測値の入力や多角網の作成など、基準点測量に関連する一連の業務は、測量実施者の負担となっています。

エアロボマーカーは、これまでUAV測量用対空標識として、現場に設置するだけで標定点を自動計測し、高精度3次元モデルを誰でも簡単に作成できることを目指してきましたが、今回基準点測量(※)に対応したことで、標定点の基準となる基準点の測量をも可能となります。本対応により、エアロボマーカーで計測した観測ログをエアロボクラウドへアップロードするだけで、基準点測量に必要な下記の処理がエアロボクラウドにて自動で実行されます。

・観測ログのマルチセッション分割
・多角網の生成
・基線解析
・点検計算
・3次元網平均計算(仮定網・厳密網)
・帳票出力(準則にそった手簿、記簿、成果簿、網図、精度管理表)

また、エアロボマーカー本体については、観測時間が自由に調整可能となり、整準台への取り付けを可能とする固定冶具をオプショナルで提供します。エアロボマーカー+エアロボクラウドを使うことで誰でも簡単に基準点測量やUAV測量が可能となり、ワークフローの大部分が自動化されるので、工期全体の生産性が上がることが期待できます。

※2018年10月現在、3級、4級基準点に対応。1級、2級基準点については国土地理院へ測量機器登録後に対応予定。(現在申請準備中)

図1 : 観測データについて多角網を自動生成

pressitems-20181004-1.png

図2:調整された新点座標値一覧

pressitems-20181004-2.png

図3 : 各種帳票

pressitems-20181004-3.png

プレスリリースPDF(250x35).png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
取締役COO 嶋田悟

関連記事