[プレスリリース]2018年度グッドデザイン賞 受賞(GOOD DESIGN AWARD 2018年度)


2018年度グッドデザイン賞 受賞
(GOOD DESIGN AWARD 2018年度)

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)の、AEROBO Markerが2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞致しました。

pressitems-20181003-1.png


受賞対象:測量機器  [AEROBOマーカーシステム]

受賞番号:18G080680

審査委員の評価公開コメント:

測量の現場を一新する、新しい発想によるマーカー。三脚などを用いて体力と専門性が必要な作業が、このマーカーにより格段に時間短縮、作業者の専門技術の軽減と、体力的負担の軽減となった。クラウド、AI、ドローンなど、地上だけでなく、空や情報の視点を取入れることで、測量の作業だけでなく、精度の向上、また、測量現場における風景や、常識をも変えるデザイン提案となっている。

○ グッドデザイン賞の紹介ページはこちら


AEROBO Markerは、エアロセンスが、経済産業省およびIoT推進ラボの第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」でファイナリストに選定され、同会議の支援機関の1つであるNEDOの委託事業として開発してきた成果に基づくものです。


グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。http://www.g-mark.org/

プレスリリースPDF(250x35).png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
取締役COO 嶋田悟

関連記事