[事例:測量関連]大手製鉄材料評価会社のご担当者様

「ワークフローに革命を×AEROBOマーカー」

― 大手製鉄材料評価会社のご担当者 様 ―

大手製鉄材料評価会社のご担当者様にお話を伺いました。

AEROBOマーカー導入背景:

鋼鉄製品等の試験や計測が元々のスタートでしたが、一年ほど前から、製鉄の原料のUAV測量の活用も始めています。当社には世界中に様々な事業部の拠点があり、当然計測対象や環境が違うので、計測法がばらばらでした。そんな時に、UAV測量のワークフローを構築・統一していこうという流れがあり、AEROBOマーカーは、プレスリリースを見つけて知りました。カタログや使用事例を見て、当社にも活用できると感じ、試してみることにしました。

Step by Stepで使用感を確認:

色々な検証を実施し、有効性を確認しました。ファーストステップとして、比較的狭いヤードの体積の確認としてテストしたり、どんどんヤードを広くしたりして確認をしました。検証結果は全く問題なかったので、これから全国の各プロジェクトでの統一的手法を確立していきたいと思います。

エアロセンスへのメッセージ:

将来的に、オートメカニックや電波、データ高速伝送等様々な技術をどんどん取り入れて、欧米に負けない技術・製品開発を期待しています!

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

事例PDFダウンロード.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
営業担当 新井野翔子

関連記事