[事例:測量関連]スーパーゼネコンの技術研究所様

「AEROBO測量2.0×高低差30mダム現場」

― スーパーゼネコンの技術研究所 様 ―

スーパーゼネコンの技術研究所ご担当者様にお話を伺いました。

AEROBO測量2.0への興味:

ドローンはハードウェアもさることながら、ソフトウェアやアプリケーションがここ数年で爆発的に増え、研究所及び現場導入に良いものがないかと思っていたところで、ちょうどエアロセンスさんを知り、自社でハード、ソフト、アプリもできるということで、通常の現場での業務の外注先や長期的なプロジェクトのパートナーとしても興味を持ちました。

現場について:

ダム現場は基本的に高低差が大きく、実測が困難です。また、この面が完成したらすぐに出来形計測し、問題なければ別の面というように非常にスピードが求められます。スピードと精度を兼ね揃えた、AEROBO測量2.0は有用だと思います。

実施について:

測量難易度が高い、高低差が30mほどのダム現場で測量をしてもらいました。この現場で使えたら、他の現場でも導入できると思ったからです。現場実施後、数日で精度結果が得られ、非常に好印象でした。AEROBOマーカーやAEROBOクラウドを使用し、現場業務を効率化し、生産性向上に流れる道筋が容易に想像できました。
その後、技術研究所関連の約150haドローン現場で空撮調査をお願いしたり、技術的な相談を定期的にさせていただいたり、ディスカッションをしています。

エアロセンスからスーパーゼネコンの技術研究所様へ:

日頃からご愛顧いただき、心から感謝申し上げます。これからも現場のニーズをご教示いただき、我々のシーズを用いて解決へのご提案ができればと存じます。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

事例PDFダウンロード.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
営業担当 新井野翔子

関連記事