[事例:点検関連]株式会社光建様

「新しい武器×AEROBO製品」

1.5km の道路計測現場も一人日で完結
― 株式会社光建 様 ―

AEROBOマーカーを使用し AEROBO クラウドで作成したデータ

株式会社光建 総務部 柳原 理様にお話を伺いました。

株式会社光建について:

当社は、岐阜県に本社をかまえ、主な事業として、遮音壁・防音壁の設計施工を主に、トンネル耐火パネルの設計施工や高所作業車業務、スポーツ施設の設計施工をおこなっています。経営理念として建設現場で働く方とそのご家族のために、安全第一を最優先に考え、そして顧客の皆さま考えや求めるものに対して、我々にできることは何かをたえず考え、皆さまと目的を共有できる企業でありたいと願っています。

UAVを取り入れた背景:

当社のトップがいちはやく、高速道路の橋梁点検やトンネル内の点検をUAVでできないかと考え始めたのが、きっかけです。今では点検業務だけでなく、工事現場の起工測量でも使用が順調に増えています。

AEROBOマーカー導入の効果:

点検や測量業務で高精度の座標計測は必須です。 UAV(他社製)は持っているが、計測機器をどうしようか考えている際に、東京ビッグサイトの展示会で、見つけたのがAEROBOマーカーです。探していたのはこれだ!と思い、エアロセンスさんに問い合わせしました。1.5kmの道路計測現場も一人で実施可能になりました。今後は、橋梁の支柱ひび割れや裏面にもUAV計測を活用していきたいと思います。

表.png

エアロセンスから光建様へ:

いつもご利用いただきありがとうございます。今後はぜひ、AEROBOマーカーを利用した基準点測量も、工事前の図面確認の際にぜひご活用ください。

(TOP画像:総務部 柳原 理様)

関連プレスリリース

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

事例PDFダウンロード.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
営業担当 新井野翔子

関連記事