[事例:測量関連]丸磯建設株式会社様

「AEROBO導入事例」

独自の施工管理で品質を徹底保証
― 丸磯建設株式会社 様 ―

図1.jpg

今回は、1955年の創業以来、大型重機を駆使した造成工事を中心に土木工事や建築工事を数多く手懸け、社会インフラの整備と快適な生活環境の創造へ積極的に参画されている、丸磯建設様のAEROBO活用事例をご紹介します。
施工本部 ICT推進グループ グループ長の清水広道様とTHIRI AUNG様にお話をうかがいました。

case-0015.png

ドローンの導入とその目的:―元請と連携し導入を決意―

我々は施工会社のプロフェッショナルですので、施工管理を徹底する手段を惜しみません。建機をいかに効率よく動かすか、が非常に重要ですが、その前提として適切な土量管理が欠かせません。直近人手不足解消や3次元データが扱える人材育成が急務ですが、そこで登場してきたのがドローンです。元請さんと話す中で、言葉自体は2015年頃からちらほら現場でも出始めていましたが、なかなか帯に短し襷に長し、で現場への本格導入は控えていたのですが、同時期にエアロセンスさんのお名前もよく聞くようになり、まずは検証したいと思いました。

AEROBOとの出合い:―待っていれば、すべて出てくる―

ドローン関連の会社から様々営業は受けていましたが、決め手はAEROBOマーカーとスピードでした。これまでの土量はダンプカーの運転手が往復した回数を数えたり、平均断面法で定期的に確認したりしていました。ただ、ブルの仕事など、運搬しない仕事もあります。土量があっているかは直にお金と効率に関わるので、常に早く正確に知りたく、より適切な方法を模索していました。AEROBOパッケージは、飛行は自動、GCPは置くだけ、解析はクラウドで早くて閲覧環境もOK、ということで、工事現場にはぴったりでしたね。中部の現場で一度検証し、欲しいレベルの点群データがきちんと得られることがわかりましたので、関東の現場で本格導入することにしました。

防塵防水性が高いため、砂の巻き上がる現場でも安心して使用可能。

IMG_5936_(1).png

メリットについて: ―不可能を可能に―

先日千葉のメガソーラー約35haを1日でドローン測量しました。基準点もない、境界もわかりづらい、そして高低差が30mほどありました。従来の方法では、1日ではまず不可能な現場でしたが、これを実施できたのは非常に大きいです。驚きましたし、現場を歩かなくても状況がよくわかり、全体効率が抜群に上がりました。現場での作業の様子も、AEROBOマーカーを朝置いて、ドローンで飛ばす、というシンプルさで、これまでの、前日にローバーでGCPを計測し、据え置かなくても精度のよい座標計測ができていました。

エアロセンスへの期待について:

―「空(AERO)のロボット(ROBOT)でAEROBO」―
現状の作業や納品物には全く問題ありません。我々のところにはおかげ様で、ICT関連の問い合わせを社内外からいただきます。「空(AERO)のロボット(ROBOT)でAEROBO」をこれからも現場に推していきます。

関連プレスリリース

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

事例PDFダウンロード.png

著者プロフィール

著者アイコン
エアロセンス㈱
営業担当 新井野翔子

関連記事